• ホーム
  • 日本人のサイズとプリリジーの関連性

日本人のサイズとプリリジーの関連性

日本人のペニスのサイズは平均で15センチと言われています。
男性ホルモンの影響を受ける器官ですので、年齢を重ねるにつれてサイズダウンすることがあります。
ペニスのサイズが気になるのは、何も日本人だけではなく、多くの国や民族が自身のペニスの大きさを気に掛けています。
それほど男性の象徴は、大きさに権威を見せることがわかります。

大きさと早漏はあまり関係がないように思えますが、実は関係があります。
勃起時に亀頭が大きい人は、早漏になりにくいことがわかっています。
実際、早漏防止を目的とした亀頭を施術する方法があります。
ただ施術をしなければなりませんので、手間が掛かることから、他の手段を用いて早漏を防止したいと考える人の方が多いでしょう。

昔からあったペニスに吹き付けたり、塗布するタイプの商品もあります。
亀頭を快感から防止させるために、麻痺させる目的を持つ商品です。
ただこの場合、違和感を感じる男性も多く、女性に触れさせないように気を付けなければなりません。
セックスのかたちも様々であり、女性がペニスに触れないようにしなければならないセックスを、性行為と呼べるのかという問題も生まれるでしょう。
それに代わる良い用法があります。

医薬品を用いた早漏改善策です。
プリリジーはその役割を果たしてくれます。
プリリジーは男性器に働きかけるのではなく、快感を管理している脳内を支配します。
興奮を抑える物質を多く分泌させる効果があることで、個人差はありますが通常時の3倍持続すると言われています。
副作用も少なく、多くの男性が服用できる医薬品です。
ただプリリジーと併用してはいけない医薬品や、服用できない持病を抱えている人は服用できないこともありますので、医師の判断を仰ぎましょう。

関連記事